安全対策
児童・生徒の皆さんと引率される方々の安全を考慮し、次のような対策を講じています。

(1)事故の予防

    ■窓口担当は次の点を注意しています。

  •   各校との充分な情報交換
  •   児童の配慮事項の収集と情報提供(収集した個人情報は厳重に管理します。)
  •   天候の悪化や自然災害発生の際の基準マニュアル設定
  • ■受入を行う農林漁家や他の施設には、次の点を注意・説明してあります。

  •   安全マニュアルの配布・説明
  •   受入直前の説明会と受入後の反省会
  •   保健所による衛生管理講習
  • ■フィールドでは次の点を注意します。

  •   関係者の応急処置研修
  •   実施直前の現地・機材の安全確認
  •   現地判断がつかない場合の本部確認
  •   トラック移動の際の荷台乗車禁止と整備・損害保険の加入
(2)事故の発生時の初期対応
  •   緊急時の連絡は協議会の窓口組織が担当
  •   地域内の病院、消防署、警察署等と緊急連絡体制整備
  •   受入関係者へ連絡体制図と連絡簿を配布し緊急連絡先を周知
  •   緊急連絡の際は、窓口組織が状況を統括し学校等へ報告
(3)事故の補償に関する項目
  •   民泊の農林漁家ほか全施設の損害賠償責任保険の加入
(4)緊急連絡体制

 

安全対策

安全対策2


安全対策3